今美容を知らない人はほとんどいない

一口に脱毛といっても様々な方法があります。
自宅で行う場合、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃る、ワックスや脱毛クリームの使用、また最近では自宅で使える脱毛機もいろいろな種類のものが販売されています。

エステや医療機関で行われている脱毛方法も様々です。

電気脱毛は針を毛穴のひとつひとつに差し、電気や高周波を流すことで毛根部を破壊します。

あなたにぴったりのメソセラピーに関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

電気脱毛は毛の再生がしにくく、かなり永久性のある脱毛法ですが、施術に際しては痛みを感じます。

またひとつひとつの毛穴に対して処置を行うため施術に時間がかかります。

医療機関によっては麻酔の使用も出来るようです。
針に電気を流して脱毛を行う方法も、絶縁針を使用する方法とニードルを使用する方法があります。

絶縁針は毛穴に差し込む針に、特殊なコーティングがしてあり、皮膚を傷めにくいのが特徴です。
またコーティングされた針を使うことで、より強い電流を流すことができるため、ほぼ永久的な脱毛が可能なようです。

絶縁針は特定の医療機関でのみ使用が許可されているようです。
また他の方法として光による脱毛法があります。
光脱毛は安価で痛みが少ないのが特徴ですが、期間をおいて何度かの施術が必要で、毛の再生もあり完全な永久脱毛とまではいえないようです。



一回の施術はごく短時間で済みますが、脱毛にかかる期間は平均的な目安として1から2か月に一回のペースで、およそ4回から6回の光の照射が必要なようです。

ただし処理する範囲や、むだ毛の量によっても個人差があります。
光脱毛のしくみは、強力な白色ランプから出る様々な波長の光から、脱毛に効果的な波長の光を取り出し、むだ毛の毛根部に当てることで毛根と毛包を焼灼し発毛をさせにくくします。



主にエステでの脱毛で行われることが多いようです。脱毛の方法はその特徴をよく知ったうえで選んでください。

各医療機関やエステでのカウンセリングで詳しい説明を受け、納得してから施術を受けることをおすすめします。