雨漏りの修繕費用を火災保険で無料にするには

台風の時期や真夏の集中豪雨のあとに、突然雨漏りに気が付いてショックを受けたという経験は意外と多くの人がしているのではないでしょうか。放置しておくと家の柱などの大切な部分に悪影響を及ぼすことになるため、早目の修理が必要です。しかし、修繕費用は屋根全体となると、百万円代と高額になってしまうので、なかなか修繕の決断をすることができないという人も多いかもしれません。そんな時に、思い出してほしいのが火災保険に加入していることです。

意外と知られていないのですが、火災保険を使って自己負担ゼロで屋根修理をすることができる可能性があります。自動車保険のように保険金が上がったりするペナルティー等も一切ないので、申請してみて損はありません。火災保険は火災の時だけに適用されるというイメージがありますが、風災や雪災害、落雷などの自然災害にも対応しています。このため、強風や落雷、ひょうなどによって屋根瓦などが破損してしまったことが雨漏りの原因だと証明できれば保険金がおりるのです。

しかし、保険が適用されない場合もあります。雨漏りの原因が老朽化や経年劣化によるものだった場合です。しかし、経年劣化が進んでいるところに自然災害による被害を受けた場合は判断が難しく、経年劣化と思われても十分に火災保険で修理できる可能性はあります。雨漏りの原因は素人では判断できず、保険の申請にもプロの判断が必要となるため、雨漏りを見つけたらすぐに専門の業者に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です