雨漏りの修理費を火災保険で賄うためにすべきこと

雨漏りは、放置しておいても自然に治ることはありません。むしろどんどんとひどくなってしまいます。雨水や湿気が屋内に侵入するため、建材が腐食するなど、被害が拡大することにもつながります。従って、雨漏りを発見したならば、できるだけ早く修理をする必要があります。

しかし、一般的に雨漏りは屋根などの建物の中でも高所にその原因があるため、修理をするにも高所作業となることが多々あります。また、風雨にさらされる厳しい環境の下で再発を防止できるような修理を行うことは、素人には難しいことです。そのため、業者に修理を依頼することになります。修理すべき場所や修理方法にもよりますが、高所作業を伴うため、一般的にその費用は高くなる傾向にあります。

発見が遅れて被害が広がっている場合は、百万円を超えるような場合もあります。そのような費用を支払うことは、家計への負担にもなりかねません。しかし、火災保険に加入している場合、雨漏りの修理に対して保険金が支払われる場合があります。風災などの自然災害が原因である場合が該当します。

しかし、そのためには自然災害が原因であることを客観的に証明する必要があります。業者に修理を依頼する場合、火災保険を適用して費用を支払いたい旨を伝えておけば、原因の調査も行ってくれます。その結果、自然雑賀が原因であると業者が判断すれば、その判断結果をもって火災保険の契約保険会社に保険金請求を行うことができます。また、火災保険で修理費を支払いたい旨を最初に修理業者に伝えておけば、その範囲内で行える修理を提案してくれます。

水のトラブルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です