雨漏り修繕に火災保険を利用できる場合がある

夏季の集中豪雨や梅雨、台風など、雨の多い季節に突然の雨漏りに困ったという経験がある人も多いのではないでしょうか。壁や天井にシミを見つけたり、天井からポタポタ雨水が垂れてくるのに気が付いたらすぐに対策が必要です。放置しておくと家財やクロスなどに影響を与えてしまうことも多いからです。しかし、修理代は百万円代になることもあるので、なかなか気軽には決断できないものです。

しかし、雨漏りは原因によっては火災保険が適用されることもあります。火災保険は火事の場合にだけ適用される保険だというイメージがありますが、実は、それだけではなく「風災・雪災・水災」など、様々な自然災害にも適用されます。雨漏りも強風やひょうなどによって屋根や雨樋が破損したことが認められれば火災保険の対象として保険金を受け取ることができます。何度も申請することが可能なので、気づいたときにすぐに調査・申請するようにしましょう。

時間が経てば経つほど災害との因果関係が証明しにくくなるので、気が付いたらすぐに専門業者に調査を依頼することが大切です。保険の申請期限は3年以内なので、万が一すでに修繕してしまっている場合も遡って保険金がおりる場合があります。被災して時間も経ってるから保険は無理だろうと諦める前に、ぜひ一度調査をしてみて下さい。雨漏りに火災保険が適用される可能性があることは、あまり知られていないので、多くの人が損をしています。

雨漏りを見つけたら、まずは信頼できる専門業者に調査を依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です