雨漏りは原因に応じて火災保険の補償対象外となる

大切なマイホームに万が一のことがあった時に備えて火災保険に加入しているという家庭も多いことでしょう。たしかに火災保険に加入しておけば火災の被害や自然災害の被害に遭ってしまったときに被害額に見合った保険金が支払われることになるので安心なのですが、消費者側が保険金が支払われるケースだと思っていたにもかかわらず火災保険の保証対象外となってしまうことがあります。一見すると火災保険の補償の対象と思われがちなものとして雨漏りがあります。雨漏りというものは常に水が家の中に入り込んでしまう類のものではないのでなかなか気付きにくいのですが、雨漏りの箇所があるにもかかわらずそれを修繕しないままでいると家はどんどんと傷んできますし、そのことによって電気の配線も傷んでしまい思わぬ火災を引き起こしてしまう可能性も否定できません。

もしも、雨漏りがしていることが分かったときには可能な限り早い段階で傷んでいる個所を修繕するのが一番なのですが、それには費用が掛かり経済的に大きな負担となってしまいます。しかし、単なる雨漏りというものはその原因が住宅の劣化にあるので火災保険では補償を受けることができないのです。しかし、激しい風雪や豪雨などによって屋根が壊れてしまったときには例外となります。このようなケースでは自然災害によってマイホームが被害を受けたということになるので、その修繕費用として保険金を受け取ることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です