アパートの一階で雨漏りに見舞われた体験について

進学を機に一人暮らしをしていた際、入居していたアパートが雨漏りに見舞われたことがありました。当時の私が住んでいた部屋はアパートの一階にあったため、当初は床の水濡れを見つけても飲み水をこぼしたと誤解していました。また、二階建ての建物で一階部分に雨漏りが生じる認識が無かったのも異常な状態に気付くのが遅れた要因でした。雨が降るたびに床の水濡れが生じていたのでおかしいと感じていましたが、先入観が邪魔をしていたため、天井が雨水の浸食で黒く変色した状態になってからようやく不具合に気付くことが出来ました。

家主に連絡を行って天井を見てもらったことで修理業者に依頼をしてもらいましたが、なぜ一階で雨漏りが生じたのかわかりませんでした。業者が行った検査によって建物の壁に生じた亀裂から雨水が侵入し、建材や配管を伝って雨水が一階の天井に入り込んだと判明しました。不具合を解消するリフォーム工事は壁の亀裂を塞ぐ他に雨水で濡れた建材を交換する作業も含まれてたので半月以上の日数を要しました。そのため、私を含む入居者の多くが転居することになりましたが、当月分の家賃が返却されたので引っ越し費用の工面が出来たのは幸いでした。

転居先でも雨水による不具合が心配だったので、建物の管理会社に築年数やリフォーム工事の有無などを詳しく確認しました。また、建物の状態を定期的に確認して水濡れなどの異常が起きていないかを自分で調べる習慣を持つようになり、マイホームを所有している現在でもその習慣は続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です