雨漏りの修理をするには

自宅が雨漏りしている為、自分で雨漏りの修理をしようと考えている方もいらっしゃるとおもいます。雨漏りは放置しておくと家の中に雨水が浸入するだけでなく、天井にシミが出来たり、屋根板や酷い場合には垂木まで腐食してしまいます。雨漏りする事で家の中や屋根裏に湿気がこもるようになり、カビや結露なども引き起こします。湿気がこもるようになった室内や屋根裏の木部分も非常に腐りやすい状態になる為、早めに修理をする必要があります。

自分で雨漏りの修理をする場合に注意する事は高所作業になる事です。専門職の方が屋根の上に上がっているのを見て、簡単そうだと考えている方は特に注意が必要で、梯子を上がると景色が全く変わります。雨漏りの修理に必要な物は、屋根のに上がる為の梯子や、梯子が滑らないよう固定しておくためのひもやロープも必要になります。道具を置いておくための足場などがあるとさらに安全性が増します。

修理する箇所などにより必要な道具は変わりますが、穴を埋めたり割れている屋根材を補修するのに便利な物にコーキングがあります。コーキングはホームセンターなどで売っているので入手しやすく、施工も簡単なので手軽に修理する事が出来ます。しかし、コーキングだけでは使うことが出来ないので、コーキングを押し出す工具も同時に購入しなければいけませんが、これもホームセンターに売っています。しかし、素人で雨漏りの修理をするには限界がありますし、危険を伴います。

地元の業者に依頼する事で一度で確実に修理してもらう事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です