キッチンリフォームで失敗しない為にも

住宅が建ってから大分年月が過ぎて台所が古くなってきたから、思い切ってキッチンリフォームすることにしました。それで最新の設備を導入して、いざ利用をしてみると台所が狭くて調理がしづらくなるという失敗をしてしまいました。この失敗は最新の設備に拘り過ぎて、元の台所のスペースを考えていなかったからです。それでこんな失敗をしないように台所のスペースを考えてコンロやシンクの配置を考えてリフォームをする必要が有ります。

次にキッチンリフォームで失敗するパターンとして、収納スペースを多く作って、少しでも収納できるようにしたけれど、実際は使いづらい場所に収納ケースが有ったり、奥行きが広くて物が置きづらいなどの問題点が出て来ます。そして調理の場を広くしたけどゴミ箱を置く場所を考えていなくて、置く場所に困ったりします。他にも冷蔵庫もキッチンが変わった為に冷蔵庫の位置を変えないと使えなくて、結局使えにくくしたりなどの失敗が有ります。キッチンリフォームをする時は調理をする以外に冷蔵庫などの家電製品やゴミ箱の配置など考えて、リフォームしないと駄目です。

最後に良く有る失敗として、今のシステムキッチンはいろいろな機能が付いていますから、あれもこれもと機能を選んで行ってきっちり予算内で収まったと思ったら、工事費が有ることを忘れていて予算オーバーになる失敗が有ります。だから最初からリフォーム業者に予算を説明して置いて、予算の枠内に収まるようなリフォームプランを立ててもらうことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です