マンションのキッチンリフォームで注意するべき事

リフォームをする場合は、マンションと一戸建てでは少し勝手が違います。特に、キッチンリフォームをする場合には注意をしなければならないことがあります。マンションでキッチンリフォームをする場合には、キッチンを取り替える分には特に問題はありません。ですが、例えば壁付型のキッチンを独立型のキッチンに変更する場合にはマンションの水回りの作りによって問題が出てきます。

この場合、キッチンの位置を移動させるため水回りを変更しなければなりません。水回りを変更する場合に排水管が下の階と自分の家の間にあるコンクリートの梁よりも上を通っていれば特に問題なく水回りを変更することができます。ですが、コンクリートの梁よりも下に排水管が斜めに通っている場合は、基本的に水回りを延長することは難しくなります。排水勾配が確保できないからです。

ただ、コンクリートの梁の部分に結構余裕があれば、排水勾配をつけることが可能になるため水回りの変更ができない事はありません。このように、マンションの水回りの作りによって水回りの変更が可能になる場合と難しい場合がありますので事前にマンションの設計図の手に入れて事前に計画を立てておくことが大事になります。これに対して一戸建て住宅の場合はキッチン自体が一階にあることが多く、マンションの例の様が心配をする必要もありません。また、最近は一階をガレージにして2階をキッチンにする家も増えてきています。

また、2世帯住宅で1階を親の世帯、2階部分を子供の世帯にした場合等は2階にキッチンがあることになりますが、基本的にはどちらも他人の家ではないためキッチンリフォームをしてもマンションのような問題も起こりにくいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です