場所を取らない本格的な浄水器

蛇口に直接取り付けるタイプの浄水器では、そこまで綺麗な水にする事は出来ません。何も付けないよりは大分マシになるのですが、やはり据え置きタイプの物には敵いません。しかし、据え置きタイプの浄水器は場所をかなり取ってしまうので、流し台が狭いとどうしても置く事を躊躇してしまうのです。実は、据え置きタイプの浄水器の中にはアンダーシンク型と呼ばれているタイプがあります。

このタイプは流しの下に直接取り付けるのです。つまり、流しの下にある水道管に取り付けていきますので、流しの上に置いて場所を取ってしまう事を防げるわけです。しかも性能は変わりませんので、場所を取らずに水をしっかりと洗浄出来るのです。また、フィルターの交換も1年に1回となっていますので、フィルターを2,3ヶ月に1回のペースで忙しく交換する必要はありません。

しかし、このタイプにはデメリットもあります。それが、初期費用が高くなってしまう可能性がある所です。なぜかと言いますと、流し台によっては設置に工事が必要になってしまうかもしれないからです。こうなりますと、浄水器の費用だけではなく、設置の為の初期工事にお金がかかってしまうので、その分だけ高くついてしまうのです。

これがデメリットです。しかし、アンダーシンク型はデメリットが霞むほどのメリットがあります。もし、本格的な浄水器を導入したいけど、流し台に大きな物を設置するのが嫌だという人、または流し台が狭いので設置が出来ないという人はアンダーシンク型を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です