浄水器のタイプについて

一番メジャーな浄水器は蛇口に取り付ける直結型の物ですが、最近では据え置きタイプやシンクの下に取り付けるタイプが増えてきています。これらのタイプは、直結型の物とは一線を超えた性能を誇っていますので、本格的に浄水がしたい、安全な水を使っていきたいのでしたらどちらかのタイプにした方がいいでしょう。据え置きタイプはかなり大きく、シンクが狭い家庭では置き場所に苦労する事になるデメリットがあります。しかし、カートリッジの交換は半年から1年に1回でいいのでカートリッジ交換が面倒ではありませんし、かなり綺麗な水を確実に手に入れられるので、広い場所を取ってしまう分だけのメリットはあります。

どうしても据え置きタイプを置く場所が無いという方には、シンクの下に取り付けるタイプがおすすめです。アンダーシンク型と呼ばれているものですが、これは洗い場の下にあるスペースに取り付ける物です。上に置くわけではありませんので場所も取りませんし、目に入らないので設置しても洗い場周りの見た目が変わりません。その代わり設置するだけで工事が必要になるので、初期費用が高くついてしまう可能性があります。

ちなみに、カートリッジの交換期間は1年に1回ほどとなっています。現代では浄水器も様々なタイプが開発されています。蛇口直結型の浄水器でも十分な性能がありますが、それを超えた性能の物が欲しいなら据え置きタイプ、もしくはシンクの下に取り付けるタイプがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です