広がる美容皮膚科の可能性

美容関連の仕事に従事する方の中でも、特にエステティシャンは、顧客のお肌に傷をつけない為、ハンドケアに細心の注意を払い、寝る時には美容効果の高い手袋をしたり、軽い付け心地で保湿効果の高いジェルを塗ったりと、こまめにお手入れをしています。
エステ施術をする場合に、保湿効果のある基礎化粧品と利用するので、それだけでも、つまり顧客へ施術をしながら自分の手も美しくなるのでは、と思われがちですが、決してそれだけでは、滑らかで柔らかい手は維持できません。



美容関連の仕事はに従事する方は、職種によりますが、手が荒れやすい場合があります。


美容師さんが良く知られる例ですが、柔らかく細い毛質の方でも、髪の毛というものは固く、鋭いので、一日中触っていると指先が切れたり、ささくれます。

シャンプー剤の洗浄力で必要な皮脂が奪われ、手肌が乾燥することも、よく知られています。


なので特に施術をしていない時には、頻繁にミルクやジェル状の浸透力が高く保湿効果を早く実感できるハンドケア製品を使用しているということです。長く一人の美容師さんから施術を受け、仲良くなるとその方が使用しているハンドケア用品を始め、ヘアケア剤等について教えてくれることがありますが、本当にどれも効果が高く良い製品です。
美容関連の仕事に従事する方は、当然かもしれませんが、自社製品だけでなく、業界全般に知識と経験が豊富です。

美容師さんでもネイリストになれる勉強を修了していることがあり、又フェイシャルマッサージの研修を修了していたりして、そうしたことを話の中で伺うと、本当に驚きます。



なのでエステティシャンや美容師さんが、その業務分野で使用するお化粧品や以外にも詳しいのは、研修や、美容異業種の方との交流の中で自然に身につくからなのです。

ハンドケアは怠ると見た目にも周囲の方が気を使うようになりますし、顧客の肌や髪の毛を触る場合には、顧客も施術をする側も痛々しい感じになりますので、水を飲む、毎日の身支度をするのと同じかそれ以上に気を使うものなのです。