ニードル脱毛は永久脱毛効果がある

脱毛の中でもニードル脱毛は効果が高く、原理や長い実績から永久脱毛効果があることが認められている方法です。


ニードル脱毛は毛をつまみ、毛に沿って専用の針を毛穴に入れて微弱な電流を流し、毛母細胞を破壊して毛の再生能力を失くします。
現在主流になっているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は毛根に光を吸収させ、このときに発生する熱で毛母細胞にダメージを与えますが、十分なダメージを与えられないことがあります。



これに対し、ニードル脱毛は直接ダメージを与えて破壊できるため、1度処理を行った毛が再生することはほぼありません。

柏の医療レーザー脱毛を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

また、光を吸収させる必要がないため、メラニン色素のない白い毛や、色素沈着を起こしているような光の照射が適していない部位に対しても処理を行える特徴があります。

以前の脱毛はこの方式だけであったため、処理を行ってから10年、20年と経過しても効果が続くことが立証されています。

ただし、ニードル脱毛には欠点もあります。



毛を一本ずつ処理していくため時間がかかり、針を毛穴に入れるため施術者にも技術が要求され、費用が高額になります。

また、毛穴に電流を流すため痛みが強くなります。そのため、麻酔を使える医療機関が痛みを抑えられるので利用しやすいです。
医療機関では周囲の皮膚に影響しにくい絶縁針を使用するため、安全性も高くなります。

このような特徴があるため、全身に対して行うのには適していません。

他の方法で処理できない部位や確実に永久脱毛したい部位に利用すると良いです。